何だ、これは!


ふー、やれやれ、今日もボチボチ仕事するか。

 

 

 

 

と、言うことで、

自分は、今日もレッドブル飲んで、

仕事を始めました。

 

 

 

 

午前中。

 

 

 

 


仕事は順調です。

 

仕事中のBGMはもちろん、

バカでかい機械の音です。

 

 

 

ガー! ガー! ガー!

 

 

ゴトン! ゴトン!

 

 

プシューーーー!!!!!

 

 

ビー! ビー! ビー!

 

 

ギュイーーーーン!!!!

 

 

 

 

このうるさい環境も慣れてしまえば、

気にしなくなるものです。

 

 

 

今ではこの大きなBGMも、

聞かないと落ち着いて仕事出来…、

 

 

 

 

 


いや、やっぱ、うるさいな。

 

 

 

 

 


何回聞いても、うるさいよ、絶対。

 

 

 

 

 


たまには、ゲームの音楽でも聞きながら、

仕事したいなー。

 

 

 

 

と、愚痴りつつ、

午前中の仕事は、サクッと終わりです。

 

 

 

 


午前中の仕事が終わると、

持参弁当の時間です。

 

 

 

 


今日の昼ごはんは、

オニギリ!

 

 

 

 

っていうか、毎日オニギリ一個づつ、

持参して、食べてます。

 

二個だと、お腹が苦しくて、きついんです。

 

 

 


ちなみに、今日のサイドメニューは、

ソーセージとミニトマトです。

 

数にすると2本と2コ。

 

 

 

 


まー、自分の弁当は、毎日こんな感じ。

 

 


この弁当だと痩せますよ。

 

 

 


自分は、二ヶ月で六キロ痩せました。

 

 


なので、今は64キロになりました。

 

 

 


目標は60キロですが。

 

 

 


で、お昼ごはんを食べながら、

スティックお茶を、お湯で溶かして、

飲んでました。

 

 

 


午後からの仕事で、眠くならないように、

カフェインの摂取です。

 

 

 


そして、昼ごはんを食べ終わって、

少し休むと、午後の仕事の始まりです。

 

 

 

 

なんか、午後の仕事、

お茶飲んだにもかかわらず、

 

 

 

 

超眠かった。

 

 

 

 


やっぱり、これはお茶のんだくらいでは、

無理だったようです。

 

 

大体昨日、夜の一時ごろまで起きてて、

根本的に寝不足だったんです。

 

 


眠い眠いと思いつつ、

三時休憩に突入。

 

 

 


三時休憩は、少し椅子に座りながら、

眠ります。

 

 


そして、いよいよ、

休日前のラストミッションです。

 

 

 

 

こいつを、ちゃちゃっと終わらせて、

定時に帰る!

 

 

 

そして、明日休み!

 

 

 

 

ラストミッション、三時半からの、

作業が始まります。

 

 

 


ガー! ガー! ガー!

 

 

ゴトン! ゴトン!

 

 

プシューーーー!!!!!

 

 

ビー! ビー! ビー!

 

 

ギュイーーーーン!!!!

 

 

 


毎度、毎度のミュージック。

 

工場ミュージックです。

 

しかし、

そこで、いつもとは聞き慣れない、

音がしました。

 

 

 

 

 

ガツガツガツガツ!!

 

 

 

 

 


突如、響き渡る金属音。

 

 

ん、今日のBGMは何だ?

 

アレンジか?

 

と、余裕をこいて、

後ろの機械のある方を、

振り向いて見てみると…、

 

 

 

 

 


な、なんだ、コレは!!!!!

 

 

 

 

 

機械のパーツがあっちこっちに、

散らばっている!!!

 

 

 

 

 

えらいこっちゃーーーー!!!!!

 

 

 

 

 

もう、これは、メイン機械の非常停止ボタンを、

押すしかありません。

 

 

 


自分は、パニクりながら、

機械の非常停止ボタンを押しました。

 

 

 

 


停止する、機械。

 

 

 

 

そして、バラバラに散らばったパーツ。

 

 

 

 

 

 どうすんだ、コレ。

 

 

 

 

この原因。

 

 

 

この原因は、

 

 

 

 

 

自分に、

 

 

 

 

 

ある!!

 

 

 

 


うあああああ!!

 

 

 

 


じぶんのせいだー!

 

 

 

 

 

 

やばい!

 

 

 

 

 

 

上の人になんて、説明すればいいんだーーーー!!

 

 

 

 


そうしているうちに、

上の人と、メカニックの方が、

 

 

 

 

 

ダッシュで機械前に到着。

 

 

 

 

 

自分は、弁解を始めます。

 

 

 

自分「状況を説明します!

   自分が作業していると、変な音がして、

   後ろを振り向いたら、こうなってました!

   それで、自分は急いで、非常停止ボタンを押しました!
   
   以上、ここまでです!」

 

 

 


上の人は、なんにも言いませんでした。

 

 

 

良かった…のか?

 

 

 

 

オレは、怒られないのか…?

 

 

 

ちなみに、時給は下がらないよね…?

 

 

 

 


様々な考察が頭をよぎります。

 

 

 


それでも、なんにも言わない上の人。

 

 

 

 

沈黙が怖え…。

 

 

 

 

 

そして、黙々と上の人とメカニックの方で、

修理にかかり始めました。

 

 

 


そんななか、ぽつんと立っている自分。

 

 

 

そ、そうだ、こんな時は、

仕事をしているフリをしよう!

 

 

 


お掃除だ、お掃除!

 

 

 


そう思って、タオルでほかの機械なんかを、

拭いたりして、

時間を稼ぎます。

 

 

 


なんて、オレはズルいんだ…。

 

 

 

 

こんなんで、時給をもらってしまうとは…!

 

 

 

 

機械ぶっ壊しといて…。

 

 

 

 


罪悪感で胸が締め付けられます。

 

 

 

 


そうだ、メカニックの方と上の人が修理終わったら、

 

 

 


「お疲れ様でした!」

 

 

 


と、言おう!

 

 

陳腐な発想ですが、

この時の自分は、これくらいの事しか考えられなかったです。

 

 


そして、少しして、

機械の修理は終了です。

 

 

 

 

良かったよ、直って!

 

 

 

 

さっそく、上の人とメカニックの方に労いの言葉を、

言わなければ!

 

 

 


自分「お疲れさまでした!」

 

 

 

 

 

 


上の人&メカニックマン「ん?」

 

 

 

 

 


そう言うと、スタスタとその場から、

去っていきました。

 

 

 

 

取り残された自分。

 

 

 

 

これで、

 

 

 

これで、

 

 

 

 

 

良かったんだ、多分。

 

 

 


そして、また自分は、

機械始動のスタートスイッチを押します。

 

 

 

 


ガー! ガー! ガー!

 

 

ゴトン! ゴトン!

 

 

プシューーーー!!!!!

 

 

ビー! ビー! ビー!

 

 

ギュイーーーーン!!!

 

 

 


いつもの音、

いつものリズム。

 

 

いつもの音楽が工場内に、

軽快に響き渡ります。

 

 

 

ああ、今日この時間だけは、

この音が心地いい。

 

 

 


機械が正常に動くって、


こういうことだったんだな。

 

 


さあ、定時まで頑張ろう、

と完全に目が覚めた状態で

作業を始めた自分、でした。

 

 

 

ちなみに、メカニックの方の迅速な作業のおかげで、

定時には帰れましたよ。

 

 

 

 

では、今日はこのへんで。

 

レッドブル・エナジードリンク 250ml×6本
 

 

f:id:pb4yeu2ivr:20170902190759p:plain