向日葵が風に揺れている

中輪多花性 大雪山系 向日葵

口調

荒い口調っていう人は、

必ず居るもんですね。

 

 

自分もどっちかと言うと、

口調が荒いときがあります。

 

 

 

 

 

でも、外で話すと急に、丁寧語とか話すタイプです。

 

 

 

 

 根が小心者なんですね。

 

 

 


で、今日は仕事で使ったリヤカーを洗おうと思って、

仕事場の外に隣接してある水道を、

使おうと思ったんですよ。

 

 

 

 

 

すると、水道を使っている先客が居ました。

 

 

 

 

なんか、その人はでっかい重機を洗っていました。


バカでかい重機です。


なんか、絶対に近寄りたくないような感じの重機です。

 

 

 

この重機を洗っている方は、

自分の会社の人では、ありません。

 

 

 

 

 

自分の働いている会社に、仕事に来た業者の方です。

 

 

 

 

 

あー、なんだよー、重機洗ってるよー、

リヤカー洗えないなー、

 

 

 

とか思っていること、

数分。

 

 

 

 

 

その間、あっちみたり、こっちみたりしていると、

その業者の方が、言いました。

 

 

 

 

 

重機業者「何だよ!! 洗えよ!!!!」

 

 

 

 

 

凄みをきかせてその業者の方は言いました。

 

 

しかし、この場合、

2つのパターンがあると思います。

 

 

 

 


一つ目は、口調は荒いが本当に先に使っていいよ、という場合。

 

 

 

 


二つ目は、洗えよ、洗えるもんなら、洗ってみやがれ!という、

いわゆる反対の意味のタイプ。

 

 

 

 

今回の場合、後者ですね。

 

 

だって、すごく怒った顔で、怒鳴ってるから。

 

 

 

 

 


こんな所で、洗いたくないなぁ、と思い、

自分は、笑顔で、

 

 

 


自分「いや、いいっすよ! あっちの水道で洗います!」

 

 

 

 


と、言って500メートル離れた次の水道まで、

リヤカーを押していきました。

 

 

 


いやー、リヤカー押してる間、暑かった。

 

 

 

今日は、もともと凄く暑かったのに、

リヤカー押しすぎて、暑さ倍増です。

 

 

 

 

なので、リヤカー押しながら、

 

 

 

 

三ツ矢サイダーのみて~!!!

 

 

 

とか思ってました。

 

 

 

 

 


しかし、自分も人のことは言えませんが、

なんで、あんな口調で話せるんですかね…。

 

 

 


何にも怖いものとかないんだろうか。

 

 

 

 

もし、相手も同じタイプだったら、

喧嘩にならないでしょうかねー。

 

 

 


っていうか、そういう人って、

最初から、喧嘩前提でそういう口調で話してるんだろうな…。

 

 

 

 

自分の会社にも、少し外見がやんちゃな方がいらっしゃいますが、

仕事ちゃんとできるし、しっかりしてるし、

何より、言葉使いが丁寧です。

 

 

 

外見がやんちゃだからって、

言葉使いも、やんちゃとは限らないってことです。

 

 

 

 

言葉は心の鏡って言うし(←言うか?)、

自分もちゃんとした言葉使いをしていきたいです。

 

 

 

 


では、今日はこのへんで。