その卓球、本当に楽しい?

 


自分は卓球を毎週やっています。

 

 

 

しかし、やる前は楽しくてやろうと思っているのに、

やり終わってから、

なんか、今日の卓球はイライラしてつまらなかった、

と思うときがあります。

 

 

 

それは、ムキになって、

点を取ろうとして、

力んだ挙句、自分の思うようなプレーが出来なかった時です。

 

 

 

卓球はスポーツなので、

いわゆる勝負事、だと思います。

 

 

 

勝てば、勝った方は気持ちいいですが、

負ければ、悔しい。

 

 

 

負けた方は、その気持をバネにして、

また、頑張る。

 

 

 

勝った方も、今度も負けないように、

強さを維持するために、頑張る。

 

 

 


それは、間違いじゃない。

 

 

 

 


でも、それは、本当はとても辛いことだと思います。

 

 


卓球の選手とか、何か大きな使命を背負って卓球やってる人って、

相当なプレッシャーとか、いろいろな圧を感じて練習しているのでは、

ないでしょうか。

 

 

自分は、ポンコツな卓球ですが、

最近、その事が自分なりに思うことがあって、

卓球って、テキトーにやったほうが、

絶対楽しい、と思い始めています。

 

 

自分が勝手に思っていることなので、

間違っているかも知れませんが、

勝ち負け競って卓球やると、

必ずどちらかが、嫌な気分になると思います。

 

 

 

努力の結果、

勝利、っていうのは見る人に感動を与えますが、

遊びとして、楽しみとして、

仲間内で卓球やるなら、

ラリー目的で卓球やるほうが、

自分は楽しいです。

 

 


ラリーって、

ツッツキだけのラリーとか、

バックハンドのみのラリーとか、

ランダムラリーとか、

スマッシュ&ロビングとか、

要するに、球を続かせるためのラリーって意味です。

 

 

チャンスボールだからって、

思いっきり力の限りスマッシュ打った挙句、

 

 

どちらかが、ミスってラリー終わり、

 

 

 

とかにしないで、

スマッシュ打つにしても、

力をセーブして、相手が返せるコースを選んで打つ、

といった配慮を自分は最近しています。

 

 

しかし、これじゃ、多分、

上手くはならないかも知れません。

 

 

 

でも、ゆるーく、かるーく、打って、

ラリーを続けるっていうのは、

結構自分は好きです。

 


これからの卓球。

自分は、ヨワユル卓球で、いきます。

 

強くは、なりたいけれど、

卓球を嫌いになりたくない、です。

 

 

 

では、今日はこのへんで。